財団概要

  三菱UFJ環境財団は、三菱UFJフィナンシャル・グループの社会貢献活動及び環境への取り組みの一翼を担う財団として、環境の保全及び環境教育を通じて公共の福祉の増進に寄与することを目的に、環境保全整備事業、環境教育事業、体験活動事業等の幅広い活動を行っています。当財団は、1971年(昭和46年)創設の(財)サンワみどり基金と1975年(昭和50年)創設の(財)東海財団が2003年(平成15年)4月に統合し、(財)UFJ環境財団として発足しました。2006年(平成18年)4月には(財)三菱UFJ環境財団と名称変更し、2012年(平成24年)4月に公益財団法人に移行しました。

  

名称

公益財団法人 三菱UFJ環境財団

英語表記:The  Mitsubishi  UFJ  Environment  Foundation

設立

2003年(平成15年)4月1日

所在地

〒105-0014  東京都港区芝2-4-3  三菱UFJ銀行芝ビル 2階

電話・FAX

電話:03-5730-0337   FAX:03-5232-0312

基本財産

2,066百万円(2018年3月末現在)

役員

理事長  沖原 隆宗(三菱UFJ銀行特別顧問)

常務理事  田中 洋一(事務局長)

業務執行理事  大橋 智

他理事7名  評議員11名  監事3名

 事業内容

      1. 良好な自然環境及び自然とのふれあいの場の保全、創出のための緑化や環境整備等環境の保全に関する事業
      2. みどりの絵コンクール、環境講座、環境問題映画会等の開催や啓発図書の発行配布等環境の保全に関する思想、知識の普及及び啓発のための環境教育事業
      3. 環境保全に関する体験の機会の提供を行う体験活動事業
      4. その他この法人の目的を達成するために必要な事業