「水源の森」事業

 平成9年1月に利根川の源流域にあたる群馬県みなかみ町藤原に、国の分収育林制度を活用して国有林の「水源の森」(※1)を確保。水源の涵養をはかるとともに、一般市民ボランティアや児童を対象に自然観察会、林業体験などを年6回ほど開催し、環境教育や保健休養の場として活用しています。平成23年度からは「社会貢献の森」協定に基づく「ならまた体験活動の森」(※2)を活用して、林業体験を通じた森林整備も行っています。

 春(新緑)、夏、秋(紅葉)の年3回、財団が主催する一般募集の「自然ふれあい楽習」に加えて、学校や民間団体、企業等のグループ単位毎の利用申し込みにも対応しており、毎年延べ3百名ほどが参加されています。

 

※1:三菱UFJ環境財団「水源の森」

所在地 : 群馬県利根郡みなかみ町藤原
面 積 : 約14ha(約42.4千坪)
標 高 : 950m~1200m
樹 種 : ブナ・ミズナラ・ヒバ等の天然林
    (上半分)とカラマツ・スギの
    人工林(下半分)からなる混交林

 
 ※2:「ならまた体験活動の森」

所在地 : 群馬県利根郡みなかみ町藤原
面 積 : 3.47ha(約10.5千坪)
標 高 : 950m
樹 種 : ヤマハンノキが主体の水源涵養
     保安林

 

 【活動の様子】

自然ふれあい楽習(林業体験)

自然ふれあい楽習(自然観察会)

自然ふれあい楽習(自然観察会)

ボーイスカウトの早春キャンプ

小学校の林間学校

企業の林業体験ボランティア

 

自然ふれあい楽習のご案内

自然ふれあい楽習の案内ページをご覧ください